霊的な体験

自身が訳語であり、しかもギリシア語のsoterの訳語だ。このギリシア語をドイツ語で言うと「救い手、救助者」となる。「救い主」とは、他のものを救う人を言う。何から救うのか。どこから救うのか。
 
新生は霊的な体験でした。その時には、神の国で生きるための「霊的レベルの感覚」を十分に整えられて受取りました。生まれて初めてあなたは、神の声を聞いたり、永遠なるものを見たり、御霊によって歩んだり、
 
植民地を拓く英本国で「王政復古」第二次英蘭戦争でオランダ植民地が「ニューヨーク」と改名される特許状が廃止されてニューイングランドが王領となる英本国で「名誉革命」プリマスがマサチューセッツ湾植民地に
 
かのように誘ってきます、あなたという二とばを繰り返しながら、自分はさぞかしあなたのことを思っているように誘ってくるのです、しかし、このような人に惑わされてはなりません、十分に気をつけ、近づかない。
 
永遠のいのちは将来の状態であるが、私たちの中での神のみ業は現在にも向けられる。